矯正にかかる費用

マスクをして治療している医師

歯科矯正治療の総額費用は、患者の症状や矯正装置によって大きく変わります。治療期間が長ければ長いほど、矯正装置が特殊であれば特殊なほど金額が上がる傾向にあります。 マウスピース型の矯正装置の「インビザライン」や歯の裏側に装着する「リンガルブラケット」などは、審美性に優れていることから費用も高くなります。インビザラインでは平均100万円、リンガルブラケットでは平均110万円の治療費がかかると言われています。 一方、長い歴史をもつ「マルチブラケット」は、金属ブラケットだと平均60万円となるため低コストで治療を行うことができます。材質をセラミックなど審美性に優れたものに変更すると金額は上がりますが、生活スタイルによってこちらを選ばれる方も少なくありません。

矯正歯科治療費の大部分は矯正装置の種類によって変わります。しかし、同じ矯正装置でも医院によって治療費が異なることから、歯科医院の選び方によって安く済ませることも十分に可能だと思います。 矯正歯科治療費の金額設定の傾向としては、都会などのアクセスしやすい場所の矯正歯科医院は高く、地方などのアクセスしにくい場所の矯正歯科医院は低くなる傾向にあります。これは地価の問題など各医院の内部事情が強く反映されている結果なので、決して金額だけで医師の良しあしを判断してはいけません。 また、国立大学付属病院であれば料金が均一となっているため、料金面で安心して利用したいと考えている方はそちらへ受診されることをおすすめします。