白い歯を目指して

口紅が塗られた女性の口もと

誰もが笑顔の時にこぼれる白い歯というのは憧れますよね。これを手に入れる治療こそホワイトニングなのです。現在ではいろいろな方法でこの取り組みが行われているので紹介していきたいと思います。 現在ではオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの二つが主に行われています。 オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行うもので、歯の表面に特殊な薬を塗って白くしたり、または削って白くすることを目指します。最近ではレーザーを照射して白くする方法も行われてきています。 ホームホワイトニングでは、歯科医院で専用のマウスピースを作成してもらい、それを自宅でマウスピースに専用のジェルを入れてはめるものです。 ホームホワイトニングの方が安いですが、効果が出るまでには時間がかかります。

このように二つの方法がありますが次に、この二つの利用の流れについて紹介していきます。 まずオフィスホワイトニングから説明していきます。最初に口腔内検査をして、虫歯や歯周病、他の歯の異常がないのかを調べます。そして、患者さんと出来上がりについての確認をします。次に機械を使って日々の歯磨きでは落としきれない汚れを落として、実際の治療に入っていきます。薬を塗ったり、レーザー照射をしたりします。ここの作業はどの手法を使うかで変わってきます。そして出来上がりを確認して、足りなければまたホワイトニングをしていきます。 次にホームホワイトニングについて説明していきます。この方法では、歯科医院で診てもらい専用のマウスピースを作って、薬剤ももらい家で自力で取り組みます。自力で行うために薬剤は強力なものではないので、2〜3週間ほどかかってしまいます。